2010年04月09日

ロシアでも日本のロリコン文化が認知されましたぁ!



ロシアに日本のロリコン文化が浸透!? ついついそう思ってしまうニュースが飛び込んできちゃいましたぁ。



日本の漫画『ロリコンフェニックス』(富士見書房 / 角川コミックス)がロシアで大人気なのだそうなのですよぉ。



『ロリコンフェニックス』の主人公(半裸状態)が女子小学生を犯罪の魔の手から守るという漫画で、主人公はインターネットで幼女の画像をチェックするなどの変態チックなキャラクター(って、ちょ! おま!)


とはいえ、エロティックというよりギャグマンガ的要素が強く、コミカルな部分が人気のポイントとなっているようなのです。


とはいえ、女子小学生のトイレシーンが出てきたり、主人公の股間に女子小学生の顔がうずめられたりというシーンもあるそうで(!!)



そんな漫画がロシアで大人気のようで、ロシア情報を日本語に訳したサイト『誤訳御免!!』によると、


『ロリコンフェニックス』は日本漫画のロシア売り上げランキングで4位になっているのだそうです。


1位は『NARUTO‐ナルト』、2位は『Death Note』、3位は『BLEACH 〜ブリーチ〜』になっており、それに続いて4位とはなかなかの人気ですよねぇ。
(ちなみに5位は『+ANIMA』、6位は『鋼の錬金術師』となっている。)



失礼ながら絵柄はリアルではないが、それがギャグマンガとしてむしろプラスになっているようでして、


『Amazon.co.jp』のレビュアーのひとりは、「決してエロ過ぎず、グロ過ぎず、微妙なイタさと脱力系を狙った作風ですし、絵柄も暗さの全くない、脳天気な可愛い系ですので、割とからっと笑い飛ばせるギャグマンガでもあります」と、『ロリコンフェニックス』を評価しているのだそうです。



ロシアでも大人気というニュースは『2ちゃんねる』にも流れ、


「また日本のHENTAI文化が世界に電波を発信してしまった」、


「おためしweb版読んだけどくだらなくて笑ってしまった」、


「これの中身はひたすら少女にセクハラ繰り返して最後は大人の男同士でイチャイチャしだす地雷漫画だぞw」


などの書き込みがされていたのだそうですよぉ。



うーん、、、日本、大丈夫かぁ!?


世界的にドンドン、印象格差が出来てるようで・・・


でも、格差社会には負けないよww




















<デジ☆マニ・マーケット 〜デジタル家電・通販 快適生活〜>
HP http://digimani.at-ninja.jp/







posted by @あれれぎさん at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146070936

この記事へのトラックバック
クリックで救える命がある。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。